顔の産毛ケアできれいな顔へ!産毛の処理方法を知ろう

産毛は顔の皮膚を外界の刺激やホコリから守ってくれるものですが、美容の観点から見ると、あまり必要なものではないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、さまざまな処理方法をご紹介いたします。

カミソリで産毛を剃る方法

産毛処理の代表的な方法のひとつとして、カミソリを使用する方法があげられます。カミソリでは顔の表面で滑りやすくなるようにクリームやジェルなどを塗るのがおすすめです。同じところは何度も剃らず、1度で剃り切るようにすると肌が傷つきにくくなるでしょう。

細かいところもきちんと剃りたい人にはL字型でヘッドが小さめのカミソリがベストですが、T字型のカミソリが一番安全なので、慣れていない人にはこれをオススメします。あまり頻繁に剃ると角質が傷つきやすくなるので、3週間〜1か月に1回ぐらいの間隔で剃るようにしましょう。

引用:スキンケア大学

ワックス脱毛や脱毛サロンで処理する方法

カミソリ以外では、脱毛用のワックスを使用して処理する方法もあります。なるべく肌にやさしい成分が含まれているものが多くありますが、肌荒れには気をつけたいところです。

この他にも、脱毛サロンで脱毛する方法も比較的人気が集まっています。

クリニックや脱毛サロンで顔脱毛する方法もあります自己処理の面倒から解放されたいという人にはオススメです。顔脱毛は、主にレーザーや光(フラッシュ)脱毛で行われます。毛の再生力をより抑えたい人はレーザー脱毛を、美肌効果を求める人は光脱毛を選ぶと良いでしょう。ただし、レーザーは産毛には反応しにくい特徴があるため、10回以上照射する必要が可能性としてはあること。薄い毛や産毛などに関してはあまりなくらない可能性もあるとを知っておくべきでしょう。

引用:スキンケア大学

産毛処理ではしっかり肌の保護をしよう

カミソリやワックス、脱毛サロンなどで産毛を処理するときはしっかり肌をいたわるようにするとよいでしょう。特に処理後は肌が敏感になっている可能性がありますので、紫外線が当たる場所へ行ったり熱いお湯に入ったりすることは避けた方がよさそうです。

剃る時は、クリームや泡で顔をしっかり保護し、角質を傷つけないようにすることが大切です。また、カミソリは錆びたりしていない清潔なものを使用しましょう。不衛生なものだと角質を傷つけてしまったときに、その傷口から雑菌が入ってしまうことがあります。

剃った後は化粧水で肌を整え、クリームなどでしっかり保湿しましょう。2〜3日は刺激の強い化粧品や日焼け止めの使用も控えることをおすすめします。

引用:スキンケア大学

産毛ケアできれいな肌へ

産毛処理は肌を傷つける可能性があるものですが、しっかりケアをすればトラブルが起こりにくくなるでしょう。正しい方法を守って産毛処理をし、きれいな顔を手に入れましょう。

2/13 8:10 スキンケア大学

最新のライフコラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース