書いてもOK。「億万長者になれる手相」とは

お金がなくても幸せな人はいます。しかし、お金で得られる幸せが多いのも事実です。

金運はその人の人生を大きく左右するもの。

しかし、金運にもいろいろあります。

あなたがどんな金運を持っているのか、手相で探ってみませんか。

今回は、金運に関する手相をご紹介します。

Read more

残念! 「仕事運」のない手相

■金運がわかる手相の見方

お金でなんの苦労もない人もいれば、働いても働いてもお金が貯まらない人もいます。

あなたはどんな金運タイプでしょうか。さっそく見ていきましょう。

◇左手と右手どちらで見たらいいの?

一般的に右手は後天的な運勢、つまり日頃の行動や行い、考え方によって変化した結果が表れているといわれています。

それに対して、左手は先天的な運勢、つまりもともと自分が持っている運勢を表しているといわれているのです。

今後の金運を知りたい人は、右手で見るといいでしょう。

もし、自分は生まれつきお金に縁があるタイプなのか知りたい場合は、左手を参考にしてください。

Check!

手相の見方。女性は右手と左手どっち?【手相占い】

◇金運線(太陽線)とその見方

金運線とは、金運があるかないかを示す手相です。

薬指の付け根くらいから手のひらのほうに向かって伸びている縦の線で、太陽線とも呼びます。

濃くて長い金運線を持っている人は金運がよく、薄く短い金運線はあまり金運がよくないといわれています。

ハッキリした線ではなく、細かい金運線が多く出ている場合は、お金が入ってもすぐ出てしまう浪費家になりやすいです。

金運線はない人もいます。ないからといって金運がないわけではないのですが、お金に対して興味がない、お金を稼ぐことにがむしゃらではないという傾向があります。そのため、必然的にお金があまり入ってこないといえるのです。

■宝くじも当たる!? 最強の金運を持つ手相

これがあれば、一攫千金、大金持ちになれる最強の手相があります。

もしあったら、かなりラッキー。

さて、あなたの手にはあるでしょうか。見ていきましょう。

◇最強の金運を持つ手相4選

☆億万長者になれる手相=覇王線

薬指の下の金運線と小指の下の財運線が運命線まで伸び、三角形の三つ又を作る相です。

この線がある人は投資運があります。

ベンチャー企業や才能のある誰かに投資をした結果、大成功して大儲けできる可能性があるでしょう。

ちなみにこの線は、天下をとった将軍や大企業の社長などが持っていることが多かったそうです。

☆一発逆転お金持ちになれる手相=成り上がり線

成り上がり線は生命線から中指のほうに上がっていく線です。

これまでお金で苦労してきた分、ここから逆転できるチャンスの手相とされています。

今まで我慢して続けてきたことが花開く可能性があるでしょう。

この線があるなら、決して諦めないことです。

☆お金持ちと結婚できる手相=玉の輿線

玉の輿線は、結婚線が金運線を横切っている相です。

大金持ちと結婚して、大金を得ることができる人にあります。

この線があっても、夫がお金持ちではない場合、夫婦2人で財を成す可能性があります。

結婚したとたんにあなたの仕事がうまくいき、収入が跳ね上がったりするかもしれません。

☆貯金ができる手相=財運線

財運線は小指の下に縦に刻まれています。

得たお金を大切に使い、きちんと貯蓄ができるよう導いてくれる相です。

貯金はいつの間にか大金に増えているでしょう。

■金欠に注意! 金運のない手相

「お金がない」が口ぐせの人がいます。もしあなたがそうなら、手相にも表れているかもしれません。チェックしてみましょう。

◇金運のない手相3選

☆お金が貯まらない手相=運命線が薄く切れ切れ

運命線が1本の線ではなく、切れ切れに出ている場合、仕事が定着しにくく、失業や転職を重ねがちになります。

そのために、お金がなかなか貯まらないでしょう。

正社員ではなかなか雇ってもらえず、派遣や日雇いの仕事しかないと悩みがちな人にも多い相。

この相がある場合、手に職をつけたり、資格をとったりするなどして、自分の付加価値を上げると金欠状態から抜け出せるはずです。

☆浪費しがちな手相=頭脳線が切れ切れ

頭脳線が切れ切れに出ている場合は、思考にムラがあります。

衝動買いなど無計画に浪費をしがち。大金が入っても、あっという間に使い果たしてしまうタイプです。

この相があるなら、カードでの買い物をやめたり、給料から天引きされる貯金をしたりなどして、出ていくお金をなるべく抑えるようにしましょう。

☆事業に失敗しがちな手相=グリルがある

人差し指の付け根の下に、網目上の四角(グリル)ができていると、目標が定まらず、あれこれ手を出しすぎて失敗してしまうサインです。

事業を立ち上げたはいいものの、あれもしたいこれもしたいと目移りして、多角経営に乗り出しがちです。結果、どれも中途半端になり利益を生み出せない状況に陥るのです。

この相がある場合、最初から大風呂敷を広げないで、自分ひとりでできることをコツコツと地道に経営していきましょう。

■金運がアップする手相の書き方

金運アップの手相が何もない! という人も大丈夫。手相を自分で書くと開運効果があります。

どんな線を書けばいいのか、紹介していきましょう。

◇書く効果は本当にあるのか?

手相は自分の気持ち次第で変えていくことができます。

その手助けをするのが、「よい手相を自分で書く」ということなのです。

いい手相を書いたから運気が上がるはず! と思えば、自然にポジティブになり前向きな行動がとれるようになります。

実際に、手相を書いて金運をアップさせている人もたくさんいるので、決して無意味なことでありません。

◇金運をアップさせる手相の書き方3つ

書くときには、金色の水性ペンを使ってください。

☆スター線を書く=宝くじに当たる

スター線は、3本の線が一か所で交わる相。

それが薬指の下に出ると、一攫千金を狙える相で、宝くじの高額当選者が持っていることが多いそうです。

競馬や競輪、パチンコなどギャンブルにも強いでしょう。

コンクールやコンテストで賞をとり、高額賞金をもらう運も持っています。

☆三奇紋 (覇王線)を書く=自分で財を成す

覇王線は三奇紋 ともいい、財運線と金運線、運命線の3つが途中で1本の線になっているものです。

財を生みだし蓄えることができる最強の金運と呼ばれています。覇王線は前述したように投資運のある相ですが、自分の力で運命を切り開いて財力をつかみとれる相でもあります。

書くことで、もともとはそれほどお金持ちの家に生まれたわけではないのに、一代で会社を起こし一流企業に育てあげたりできるかもしれません。

☆サポート線を書く=周囲から援助される

サポート線とは金運線の横にできる線のこと。

金運線の外側(薬指側)は外部からの援助、内側(中指側)は家族や身内などからの援助が期待できます。

お金に困っていると、どこかから必ず手を差し伸べてもらえるようになるでしょう。

ただ、もらいっぱなしではいけません。いつかお金が入ってきたら、必ずお返しをする、何倍にもして返すという思いでいましょう。そうすれば、成功をつかむことができるはずです。

お金持ちの人の手相を見てみよう!

お金がある人の手には、必ずといっていいほどいい手相があります。

あなたの身近にお金持ちの人がいたら、ぜひ手相を見せてもらうといいでしょう。見せてもらうことで、その人の金運にあやかることができるのです。

また、手相だけでなく、その人の行動パターンや考え方のくせなどもよく観察して真似てみることが、お金持ちになる第一歩になります。

手相は、お金を稼いだり貯めたりするために大いに参考になりますし、あなたががんばれば手相にもハッキリ表れていきますよ。

(紅たき)

Check!

・手相で「仕事運」を見る方法【手相占い】

・手相の見方。女性は右手と左手どっち?【手相占い】

・手相で「恋愛運」を見る方法【手相占い】

>もっと手相占いを見る

6/14 15:10 マイナビウーマン

最新のお金コラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース