不妊だった私が、妊娠にたどりつけたある決断とは!?【子育てログ!リンゴ日和。 第11話】

現在は姉妹の母の私ですが、昔、全く妊娠しないという時期がありました。
病院に通って、タイミングを見て注射をし排卵をうながしても、妊娠にかすりもしませんでした。

■近くの産婦人科に通うも妊娠しない日々
病院へ通うも、また陰性と言われ…。

当時は近所の産婦人科へ通っていたのですが、そこの医師に「ネットは見ないでください」といわれました。おそらくネットの情報で不安になったりするからだと思います。
婦人科の先生に「ネットは見ないでくださいね~」と言われました。
そこへ通い続けたのですが、まったく妊娠する気配すらありませんでした。

あまりに妊娠しないので不安になり、医師に「ネットを見ないで」といわれたにもかかわらず、ネットでいろいろな情報を集めたりしました。その医師のいうことだけをきいて、妊娠できなかったら一生後悔すると思ったからです。
完全に不妊になった私が妊娠にたどりつけたある決断とは!?


■不妊治療の実績のある病院へ転院
…すると、不妊治療には、今私がしているタイミング療法の他にも、人工授精、体外受精、顕微授精など、色々な方法があることがわかりました。

今通っている病院では、タイミング療法しか行っていませんでした。他の病院では色々な方法にチャレンジすることができることを知りました。

それでいろいろ調べて考えた結果、少し遠くても不妊治療での実績がある病院に転院しようと思いました。
後悔したくない…、決めた! 私、転院する

そして、不妊治療の実績がある病院に転院して治療を開始することになりました。そこの医師は最初から、夫も病院にくるようにといいました。
新しい病院では、「夫婦で通ってください」と言われました。
以前の病院ではそんなことはいわれず、ただ私がひとりで通っていましたが、たしかに不妊の原因はかならずしも私のせいとはかぎりません。

夫婦で検査を詳しくすることができて、治療もさまざまな方法を選べました。…結論からいいますと、そこの病院のおかげで私は、長女を授かることができました。
転院して長女を授かれた経験から、病院選びの大切さを知る
この経験から、病院を選ぶことは大事だなと心底実感しました。あのとき、転院の決断をして本当によかったと思っています。

6/17 9:00 ウーマンエキサイト

最新のライフコラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース