風水的に「ダメなキッチン」の特徴

キッチンは、風水において金運と大きな関わりがある場所のようです。一体どんなキッチンにすれば、金運がよりアップするのか知りたいですよね。

そこで人気風水師の李家幽竹先生に、風水的に良いキッチンやNGなキッチン、キッチンに置くと良いものや収納のコツなどを教えていただきました!

■風水におけるキッチン

風水におけるキッチンとは、どんな意味や影響力があるのでしょうか。気をつけるべき点もご紹介します。

◇風水での「キッチン」の意味

風水において、キッチンは金運をつかさどる場所と考えるそうです。

キッチンは豊かさの象徴である「食」を扱う場所であると同時に、「火」と「水」という相反する気が存在する場所でもあります。金運ダウンを防ぐために気をつけたいのは、これらの「火」と「水」がケンカしない環境づくりを心がけることなのだそう。

キッチンの中で「火」に属するものはガスコンロや電子レンジ、トースターなどの調理家電。「水」に属するものは、シンクや冷蔵庫、電気ポットなどだそう。この2つの属性のものがなるべく混ざり合わないように配置を工夫してみましょう。

さらに、金運を左右するキッチンで気をつけなければならないのが、「火毒」と「水毒」とのこと。

油汚れや焦げつきは悪い「火」の気である「火毒」を生み、水まわりの雑菌は悪い「水」の気である「水毒」のもとに。

金運の運気ダウンを防ぐためにも、キッチンは清浄であることが不可欠なのだそうです。

◇キッチンに取り入れると良い色

キッチンに取り入れたい色は白。白は汚れが目立つので、つねに清浄に保つことを意識できるので、白ベースがベストだそう。

キッチンは取り入れるべき色が重要なのではなく、第一条件として清浄に保つことが優先なのだそうです。

また、楽しく使うお金が増えていくパステルイエローや、「木」の気を持つグリーン系もキッチンには悪くないそうです。

NGカラーは、「火」の色である赤。お金を燃やしてしまう色なので、注意してください。

■風水的に良いキッチンとは

風水において、運気を上げるキッチンとはどんな状態なのでしょうか。5つのポイントをチェックしてみましょう。

◇(1)清浄なシンク

キッチンで何よりも大切なのは、清潔な状態であること。そのため、最大の敵は雑菌です。

水垢を溜めることによって、使途不明なお金が出ていきやすくなるのだとか。どれだけおしゃれなキッチンでも、雑菌が繁殖していたら金運は大きくダウンしてしまいます。

排水溝のぬめりや臭いも金運を著しく遠ざけてしまうので、除菌スプレーや重曹などを使って清浄な状態を保ちましょう。

◇(2)除菌されたスポンジやまな板

キッチンでとりわけ雑菌の温床になりやすいのが、湿った布巾やスポンジ、まな板なのだとか。雑菌が多ければ多いほど、無駄遣いが増えてしまうそうなので気をつけたいですね。

布巾や手拭きタオルは使うたびに洗濯や除菌をして、乾いた清潔なものを使うようにしましょう。使い捨てタイプのものでもOKです。

スポンジやまな板も同様に、使うたびに除菌を心がけましょう。

◇(3)油汚れのないコンロ

コンロまわりや魚焼きグリルは、油はねや焦げつきがない状態が大切だそうです。油汚れは「火毒」を生み、お金がすぐに消えてなくなるような衝動買いを誘発してしまうとか。

ファンの油汚れも同様です。ファンが汚れていると、悪いお金の流れを回してしまうそうなので要注意ですね。

また、油はねをカバーするアイテムを利用している人もいるかもしれませんが、そのカバー自体が汚れているのに放っておいては意味がないそう。カバーを取り付けるよりもコンロを使ったら、その都度周囲をサッと拭く習慣をつけましょう。

◇(4)鍋や調理器具をきちんと収納している

キッチンはなるべく何も置かずに、スッキリと片づいた状態がベストだそう。鍋や調理器具、調味料なども、見える場所に出しっぱなしにしているのはNGです。

特にコンロのまわりにキッチンツールを置いたままでは、悪い「火」を生む油汚れの原因になってしまうそう。雑多な状態では気のバランスも崩れてしまうため、なるべく引き出しや戸棚にしまいましょう。

◇(5)フタ付きのゴミ箱がある

ゴミ箱は、フタ付きのものがベストだそう。ゴミが発する「陰」の気が室内に広がるのを、フタが抑えてくれるようです。

プラスチック製はゴミの悪い気を拡大してしまうため、ステンレス製や木製のものがおすすめとか。生ゴミ用ならなるべくステンレス製を使いましょう。

ただし、シンクに三角コーナーを置くと「いつも生ゴミがある状態」を作り出してしまうため、できれば置かないほうが良いそうです。調理の時に出る生ゴミを一時的に入れておきたいなら、フタ付きのコンパクトなゴミ箱を置きましょう。ゴミはその都度捨てて、ゴミ箱自体をこまめに洗うことが大切だそうです。

■風水的に悪いキッチンとは

反対に、風水において運気を下げてしまうキッチンとは? 5つの条件をチェックしてみましょう。

◇(1)冷蔵庫の上に電子レンジを置いている

キッチンが狭いからといって、冷蔵庫の上に電子レンジを置いていませんか? これは金運に多大なダメージを与える「貧乏セット」なのだそう! 電子レンジが発する強い「火」の気と、冷蔵庫の持つ「水」の気がぶつかり合って、一瞬でお金がなくなってしまうようなので絶対にやめましょう。

スペースの都合でそうせざるを得ない場合は、冷蔵庫と電子レンジの間に板を一枚挟んで気を中和するのがいいそうです。特に、レンガやタイルを挟むと「土」の気が「火」の気を散らしてくれるので、より効果的だそうですよ。

◇(2)焦げついた鍋がある

油汚れや焦げつきは、悪い「火」の気を発するそうなので要注意です。底が焦げついた鍋やフライパンを使い続けるのはやめましょう。

コンロの五徳の焦げつきも注意し、重曹などで焦げをこまめに落とすのが大切だそうです。

◇(3)赤いものがある

赤は「火」の気を持つ色なので、キッチンでは使ってはいけないNGカラーだそう。今あなたが持っている金運もすべて燃えてしまうほど、強いパワーになるとか。

鍋やポット、布巾、鍋つかみなど、赤いキッチンアイテムを取り入れている人は、なるべく取り替えたほうがよさそうですね。

◇(4)プラスチック製品がある

プラスチック製品は「火」に属するため、金運を燃やしてしまうNGアイテムなのだそう。シリコン製のキッチンツールも同様です。

出しっぱなしにしているのは、いっそう金運ダメージのもとに。プラスチック製品はできる限り排除しましょう。完全に排除できない場合は、引き出しの中や扉の中など、目につかない場所に収納しておくといいそうです。

また、まな板は金運のベースになるそうなので、プラスチック製は避けましょう。木製やガラス製がいいそうですが、とにかく雑菌が繁殖しないように除菌を心がけることが大事だそう。黒ずんだら買い替えを。

◇(5)切れない刃物がある

包丁は「金(ごん)」の気を持つアイテムのため、切れにくい包丁を使っているのは金運に大きなダメージが出てしまうそうです。包丁はよく切れるものを使い、切れなくなった場合は研ぐか買い替えをしましょう。

また、包丁は刃の部分が見えていると、金運がダウンしてしまうそう。出しっぱなしにすることなく、刃が見えないようにきちんと収納しましょう。キッチンばさみやスライサーなども同様です。ナイフブロックなどを使って、刃が隠れた状態で置いてあればOKだそうですよ。

■キッチンにあると良いもの5つ

キッチンに置くと運気が上がるものは何でしょうか。5つのアイテムをチェックしてみましょう。

◇(1)白い陶器

陶器は「土」の気を持つため、強すぎる「火」の気を抑える作用があるそう。お皿やカップ、調味料入れなど、陶器製のものを積極的に取り入れましょう。ただし、出しっぱなしにすることなく、使うたびに収納を意識して。

また、水まわりに白い陶器を置くと、「水」をクリアにしてくれる効果があるとか。食器用洗剤を白い陶器の詰め替え用ボトルに入れて使うのもオススメだそうですよ。

◇(2)カーテン

キッチンに窓がある場合、カーテンを掛けていないと金運がそこから逃げていってしまうそう。たとえ小さな窓でも、カフェカーテンを掛けて金運が漏れるのを防ぎましょう。

透け感のあるレースやチュールなど、光を遮ることのない軽やかなものが効果的だそうです。

◇(3)浄水器

きれいな水は豊かさを生み出してくれるため、浄水器をつけるのがいいそうです。体の中がきれいな水で満ちることによって、金運がスムーズに増えていくとか。

お米をとぐ水や野菜を洗うときはもちろん、食器を洗うときも最後のすすぎには浄水を使うのがオススメだそう。

◇(4)キッチンマット

キッチンマットは、「火」の気を中和してくれるアイテムのようです。オススメの素材は、コットンだとか。ただし、汚れやすいのでこまめに洗濯をしましょう。

床がテラコッタやタイル製の場合は、キッチンマットを敷かなくてもOKだそうです。

◇(5)アルコール除菌スプレー

キッチンは使うたびに除菌が不可欠だそう。そこで活躍するのが、アルコール除菌スプレー。シンクを使い終わったら、サッと吹きかけるだけでOK。雑菌は金運ダウンのもとです。三角コーナーや洗い桶はなるべく置かず、シンクを使い終わったら水気を拭き取って、アルコールスプレーを拭きかけておきましょう。スポンジやまな板、排水口なども忘れずに。

■風水的に良い収納術

キッチンの収納で風水的によくなるテクニックとは? 3つのコツを教えていただきました。

◇(1)食品や油はコンロの下に

コンロの下の収納スペースには、「火」の気を持つアイテムを収納するのが正解だそう。たとえば、食品類はすべて「火」の気を持っているため、調味料やパスタ、米、サラダ油やオリーブオイルなどの油類は、コンロの下に収納しましょう。「水」の気を持つシンクの下に置くのはNG。食べ物の生命力が弱まってしまうそうです。

「水」に属するシンクの下には、鍋やボウル、買い置きのミネラルウォーターなどを収納するのがいいそうです。

◇(2)無駄な食材の買い置きに注意

「今日は食材が安いから」といって必要以上に買い込んだものの、使いきれずに無駄にしてしまうことがありませんか? 食材を捨てるということは、お金を捨てることと一緒なのだとか。特に、冷蔵庫は金運を増やしてくれる場所であり、そこに無駄な食材を置いているだけで、金運がその人から離れていってしまうそうです。

それを防ぐためにも、まずは献立を決めてから買い物に行くのがオススメとのこと。献立が決まっていないと、「これもいるかな、あれもいるかな」と買いすぎてしまうはずです。無駄な買い置きに注意し、もし買い込みすぎた場合は、冷凍できるものは冷凍を。できる限り食材廃棄を減らすように努力しましょう。

◇(3)収納アイテムは陶器かガラス製で

調味料入れや食品ストックを入れるボックス、キャニスターなどは、「気」を落ち着かせるためにもなるべく統一感を持たせるのがいいそう。特に、キャニスターは陶器かガラス製がオススメみたい。

ただしガラスの場合、油汚れがつくと「水」の気が淀んで運気がダウンしてしまうそうなので、常にきれいに保つ必要があります。悪い「火」を発するプラスチック製品はなるべく避けましょう。

キッチンは金運を高めてくれる大事な場所

金運をダウンさせないためにも、自分の家のキッチンをさっそく見直したいですね。つねに清浄で無駄のない、スッキリとしたキッチンを心がけてみましょう。

日々の身近な環境と習慣から、金運アップを目指したいですね!

(監修:李家幽竹、文:水野久美)

※画像はイメージです

11/3 7:10 マイナビウーマン

最新のお金コラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース