ついに訪れたお別れの日! パパ先生とうとう限界を迎える【もりりんパパと怪獣姉妹 第18話】

どうも、もりりんパパです。



今回は…
ついにやって来てしまった悲しき日のことを書かせていただきたいと思います。



これまでの記事にも書いてきましたが、我が家の子どもたちは塾に通わず家庭学習で勉強をしてきました。
(家計的に塾に通うことが難しいので、僕が講師をすることに)



お受験もその流れで挑み、どうにか突破して今にいたります。




いつものように勉強でわからない部分を聞いていたのですが
で、この日もいつものように長女からの質問が。



どれだけ夕方忙しくても、仕事が溜まっていても、この質問タイムだけはできるだけ大切にするのが僕のモットー。



この日も眠たい目をこすりつつ問題を見てみます。



やれやれ今回はなんだ? …うん?






だがしかし。






あれ。
あれれれれ?



わからん。わからーん!
わからない("゚д゚)



教科書の例題を見てもわからない!



声に出して文章を読んでもいくら考えてもわからない!!



何かしらヒントがないか、スマホで調べてみてもわからない!!!



この時僕は気づいてしまいました。
そして決心したのです。







あぁ、そうか。ついにこの日が来てしまったんだな、と。



引退を決意しました。






引退する時なんだな、と。






もうしっかりと理解して教えるのはムリだろうな
いやまぁ、一気に引退となると少し大袈裟なんですけどね。



長女から主に聞かれるのが数学と英語なのですが、これが中学2年生ともなるとちょっと難しくなってきまして。
このところ薄々と感じてはいたのです、”そろそろ僕が教えられるのも限界なのではないか”と。



この日も数学だったのですが、連立方程式とか一次関数だとか…
難しいです。



と、いうわけで
親としてはいつまでも教え続けたい気持ちもあるんですけどね。



正直言うと、答えを調べてわかったふりをして教え続けることは可能だと思うんです。
でもそれって何か違うんじゃないかと。



加えて、何かと(勉強に関しては)頼られてばかりな気がするので、長女がもう少し独り立ちしやすいようにこれまでよりも更に1歩下がった方がいいのではないかと思ったんです。



これが功をなすかどうかはやってみないと分かりませんけどね(^^
まぁ…



これからは自力でしっかりと取り組んでいってね!






本人からは大ブーイングでしたが(;´∀`)






長女の戦いは始まったばかり★
彼女の勉強から一切身を引くというわけではないんですけどね。



暗記などは記憶のメカニズムを活用すれば、短時間ならどうにかなったりするのでその辺をサポートしていければ…



というわけで、長女の今後の活躍を期待しつつ今回の記事を終えたいと思います!
ここまで読んでいただきありがとうございました。

11/14 10:00 ウーマンエキサイト

最新のライフコラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース