「働く女性の恋愛」が格段に楽しくなる方法

こんにちは、ヨダエリです。社会人1年目の皆さん、仕事には慣れましたか? そして恋愛のほうはどうですか?

え、それどころじゃない? というか、そもそも出会いがない?

……わかります。頷きすぎてムチ打ちになるくらい、わかります。

社会人になるとなぜ恋愛が難しくなるのか、どうすれば恋愛を楽しめるのか。自分自身の経験や、さまざまな男女の悩みに向き合ってきた経験も踏まえつつ、掘り下げたいと思います。では、いってみましょう!

■学生時代は恋愛しやすい環境が整っていた

学生時代って出会いが山ほどあったんだな……と、社会人になってから気づいたという人、いませんか?

たとえば、クラスで知り合う、サークルで知り合う、ゼミで知り合う、バイトで知り合う、友だちの紹介で知り合う、合コンで知り合う……などなど。普通に毎日を過ごしていれば、なんとなく異性と出会って親しくなるきっかけって結構あったと思うのです。

一方、社会人になると。職場にめぼしい男性はいないし(いいなと思うと大抵既婚者)、友だちに紹介はされないし(お互い紹介できる相手がいない)、合コンもない(学生のころと違いめったに開催されない)、……気づけば「出会いはどこ」状態。社会人になったら、めくるめく大人の恋愛が始まると思っていたのに! みたいな。

でも、冷静に考えたら当たり前なんですよね。そもそも高校や大学、専門学校などは同世代の男女を集めて成り立っているので、自然と恋愛が生まれやすい。

そして、大学生になると今まで以上に自由な時間が生まれます。高校時代のように必死に受験勉強をしたり、そのプレッシャーに苦しんだりすることもありません。つまり、暇な上に心も体も比較的元気なので、恋愛に時間とエネルギーを割くことができるんですよね。

社会人の恋愛は大変……でも!

一方、社会人になると、いきなり時間が減ります。「学生は時間があってお金がない、社会人はお金があるが時間がない」といわれますが、本当にその通りですよね。

そして、勉強はお金を払って自由意志で行うことですが、社会人はお金をもらうために仕事をします。つまり責任が生じるので、毎日の緊張感も違ってきます。毎朝定刻に出社するため睡眠時間も減ります。

「ぶっちゃけ恋愛に注ぐ時間も気力もない」という人も多いですし、「恋愛欲が今はない」という人もいるでしょう。

そういう時期があるのは、まったくおかしいことではないと思います特に社会人1年生の場合、まずは仕事を覚えることが大事ですし、仕事がちゃんとできていないのに合コン三昧の日々を送っているならば、そっちのほうがオイ! ですよね(笑)。

もちろん、「仕事は仕事で頑張るけど、恋愛もしたいんです!」という人には、どんどんしていってほしいです。恋愛によって学べることは山ほどありますし、恋愛が日々の張りに繋がって結果的に仕事もうまくいくこともあります。

私自身、恋愛しているほうが仕事も頑張れるタイプです(笑)。今は結婚して新たなフェーズに進んだので当時とは違う部分もあるものの、パートナーがいるほうが仕事もうまくいくタイプであるという点は変わっていません。

なので、仕事をしつつ恋愛も楽しむスタンス、大賛成! もし「恋愛したいな」という気持ちがあるならば。

■出会いはなくて当たり前?

でも、恋愛したくても「そもそも出会いがないし……」と、まず、そこで壁にぶち当たりますよね。誰かを好きになる以前に、誰にも出会っていないという。

この際(どの際?)、ハッキリ言います。社会人は、なんとなく日々を過ごしていても出会いはありません! 

実際、平日は家と会社を往復するだけ、土日もゴロゴロして掃除や洗濯をするだけで終わったりしませんか(私も大学卒業後に入った会社は超早朝出社だったこともあり、平日は早く帰って寝ることしか考えていなかったです)?

もちろん、そんな日々でも、職場の男性といい雰囲気になる人も中にはいます。

でも、全体から見たら少数ですよね。「職場に独身男性は2人しかいないし、どっちもまったく好みじゃない」みたいなケースのほうが圧倒的に多いのではないかと(男性からしたらお互いさまかもしれませんが……)。

あとは、その人の体質にもよりますね。共通のコミュニティ内で毎日顔を合わせる相手を好きになりやすい人は、社内恋愛に向いています。毎日接する先輩や同僚とのコミュニケーションを大事にしていけば、恋が始まる可能性大です。

ただ、自分はそういうタイプではないなという人は、この言葉を心に刻んでください。「出会いは降ってこない、だから自分で作る!」と。なんなら手帳やスマホにもメモってほしい(笑)。それくらいリアルな現実だと思います。

私も、出会いはもっぱら仕事以外の場所で開拓していました。仕事に恋愛を持ち込みたくないタイプなので(これは人によって傾向が分かれると思います)。

社会人の出会いこそネットを活用すべき

出会う方法はいろいろありますが、とりあえずやってみてほしいのは、マッチングアプリです。

私自身、最も出会いの数が多かったのはネットでの出会いです。帰宅後の遅い時間でもSNSやメールでやりとりができる。社会人にとってこんなにありがたい出会いのツールはない! とすら思います(笑)。

しかも、ネットはどんどん発達・普及し、今ではマッチングアプリを使うことは珍しいことではなくなりましたよね。特に20代や30代の人たちは抵抗なく使っている人が多い印象です(電話相談でお話しさせていただく方にも、マッチングアプリ利用者は多いです)。

あなたが20代や30代なら、文字ベースのコミュニケーションには慣れているでしょうし、実際に対面する前にお互いのことを知ることができるのは、忙しい社会人にとってかなりのメリットだと思います。

もちろん、中には、文字で自分を表現するのが苦手な人もいますよね。そんな人は、たとえば友だちと街コンに参加してみたりするのもいいと思います。

あとは、日ごろから突発的なコミュニケーションを楽しむようにすること。たとえば女友だちと居酒屋で飲んでいて、隣の男性グループに声をかけられたら、避けるのではなく、乗ってみる。

実際、飲食店での出会いが恋愛に繋がるケースって案外あるんですよね。相手が節度を持ってフレンドリーに話しかけてくれたのであれば、毛嫌いせずに向き合ってみては。

■長続きする関係を築くには

そんなこんなで晴れて彼氏ができた! ……けれど、お互い仕事が忙しくてすれ違いがち。

社会人にはよくあるパターンですよね。

どちらか一方が会いたいと思ったときには、もう一方は仕事が忙しかったり疲れていたり、そんな日々が積み重なっていくうちに、お互いの気持ちが離れていく。

これを避けるには、「自分が忙しいときや疲れているとき、相手にどう接してほしいか」を考えながら行動するしかないです。これだけで、少なくとも完全な誤解や感情的なすれ違いは避けられると思います。

あとは、職場で仕事ができる年上の男性と接しているうちに、同世代の彼氏が物足りなくなってきた……というのも、社会人なりたての女性には、あるあるあるあるある(多)だと思います。

これについては、彼氏に俺の魅力アピールに励んでもらいつつ、女性側も、年上の男性も家に帰れば彼氏と大して変わらないという事実や、大人なぶんだけズルさもあるという事実に目を向ける。

要は、彼氏と年上の男性をなるべく多角的に見るように努めることが大切かなと思います(年上の友人知人に相談するのもいいですね)。

仕事も恋愛も「雑にやらない」

社会人が恋愛を楽しく続ける上で大切なのは、相手を雑に扱わないことだと思います。

社会人は、喧嘩や話し合いにたっぷり時間を取れる学生と違って、恋愛にそこまで時間と気力を割けません。ちょっとしたひと言や行動が、決定的な亀裂に結びつくことも多々あります。

でも、そんな多忙な社会人だからこそ、お互いを尊重し合い、向き合える人に出会えたときは、相手の大切さがジンワリ沁みてくるもの。

仕事でも恋愛でも、一度決めたら、「楽しみながらていねいに向き合う」。これを守っていれば、いろいろあるけど充実してると感じられる毎日を過ごせると思いますよ!

(ヨダエリ)

※画像はイメージです

2/7 11:10 マイナビウーマン

最新のお金コラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース