運がいい人の共通点6つ

こんにちは。占い師・コラムニストの紅たきです。

あなたの周りに「運がいいな~」と思う人はいませんか? 例えば、「彼氏と別れた」と落ち込んでいるかと思ったら、早々とさらにすてきな男性との出会いがあり結婚してしまった人など。

ラッキーな偶然は、なぜ一部の人ばかりに起こるのでしょうか? 実は、その人たちが発している「気」が大きく関係しているのです。「気」とは風水の概念。

今回は、この「気」に着目して、運がいい人の特徴と、どうすれば運が良くなるのかを解説していきたいと思います。

■運がいい人に見られる共通点

では、運がいい人には具体的にどのような特徴があるのでしょうか。運が悪い人と比較しながら6つほど紹介していきます。

◇(1)部屋が良い「気」で満ちている

「気」とは、風水の用語で、その人やその場所が発しているエネルギーの波動のようなものです。

そして、部屋は目には見えないですが住む人の「気」で満ちています。よって、部屋に一歩足を踏み入れると、住む人の「気」が伝わってくるのです。

良い気は、明るくて空気が澄み、ものが片付いている部屋に満ちていて、運がいい人は間違いなく良い気が満ちた部屋に住んでいるのです。

一方、運が悪い人は、無駄なもので溢れていたり、よどんだ空気が充満している悪い気でいっぱいの部屋に住んでいたりするはずです。

◇(2)執着心がない

運のいい人は、気が軽やかです。こだわりが少なく、柔軟で執着心が薄いです。

例えば、恋人に振られても決して相手を恨んだりしません。気持ちを切り替え、次の恋へ向かおうとするでしょう。

一方、運が悪い人は気が重いです。それは、いろいろな物事への執着が強いからです。恋人に振られたら、いつまでも諦められないかもしれません。

◇(3)玄関がきれい

玄関は「気」の入り口であり、対外活動の吉凶に関わる場所なので、風水では最も重要な場所の一つとなっています。

運がいい人の家の玄関は、すっきりとしてきれいに片付いています。玄関の状態が良ければ、対外活動は活発になり、良い話が外からどんどん入ってくるでしょう。

逆に運の悪い人の玄関は、余計なものでいっぱいだったり、泥汚れがあり気がよどんでいたりする場合が多いです。

◇(4)自分はこういう人と決め付けない

「あなたの短所は何?」と聞かれた時、即答できてしまう人は実は運が良くない場合が多いのです。その思い込みが、運を遠ざけることにつながっています。

運がいい人は、自分の能力や限界を決め付けません。「何でもいい」「何でもやってみよう」というような、柔軟さや活発さがあります。良い気に満ち溢れていて、体内のエネルギーが活性化しているからです。

◇(5)感謝されるように動く

運がいい人は、人の嫌がることでも進んでします。面倒な仕事、手間のかかる仕事などは率先してやるでしょう。その結果、周囲の人たちから感謝され、良い運を引き寄せるのです。

一方、運の悪い人は、嫌なことから逃げてばかりいます。

◇(6)部屋に生花を飾っている

運がいい人は生花が好きな人が多いです。美しい生花を部屋に飾ることで、心が満たされて、良い気を身にまとうことができます。

一方、運の悪い人は、生花を飾ってもすぐ枯らせてしまったりすることが多いでしょう。そもそも、面倒くさいから生花など飾ろうとはしないかもしれません。

■運を引き寄せる方法

では、良い運を引き寄せ、悪い運を寄せ付けないようにするにはどうすればいいのでしょうか。その方法を10個ご紹介いたします。

◇(1)こまめな換気をする

家の中の空気がよどんでいると感じたら、すぐに窓を開けて風を通しましょう。バスルームやトイレの換気扇はこまめに回しましょう。

よどんだ悪い気を吸い取り、良い気を巡らせることで運が良くなります。

◇(2)「気」の通り道の障害物を片付ける

玄関に、大量の靴、ゴルフバック、たくさんの傘が置いてあるなら、別の場所にしまってください。そうすれば、良い気が通るようになり、自ずと運が良くなります。

◇(3)いらないものを処分する

家の中にある不要なものを処分しましょう。3年以上使っていないものは、おそらく二度と使わないものです。「いつかは使うはず」と思って、押入れなどの奥にしまい込んであるものを捨ててしまえば、良い気が流れ運も良くなります。

◇(4)掃除をする

家の中の掃除をこまめにするよう心掛けてください。特に、気の入り口である玄関や、睡眠を取るベッドルームの掃除は念入りに。バスルームやトイレ、キッチンなどの水回りも、常に清潔に保ちましょう。

これらをちょっと心掛けるだけで、部屋の気の流れは良くなり、運も良くなるのです。

◇(5)身近な人の言葉を誠実に受け止める

身近な人が大事なことに気付かせてくれることも多いものです。家族でも友人でも上司でも誰でもいいので、信頼できる相手の言葉を素直に受け止めましょう。

それが、良い気を呼び込むヒントやきっかけになったりして、運が良くなるでしょう。

◇(6)コンプレックスを個性だと思う

コンプレックスは誰にでもあるものです。けれど、そんなコンプレックスこそが大切な個性。

「私これがちょっと苦手なんです」と素直にさらけ出せるようになれば、明るく良い気を身にまとうことができて、運も良くなります。

◇(7)ルーティンな日常に埋没しない

やりたいことができないのを、忙しさのせいにしないことです。1日が家と会社の往復で終わってしまっているという人は、ほんの少しだけ意識を変えてみましょう。

例えば、どんなに忙しくても、食事は必ず取るはず。新しいお店にランチに行ったり、昼休みにちょっとだけ勉強をしたりする時間を取ってみてください。

決まりきったルーティンに埋没しないよう、生活に変化をつけることで良い気が巡るようになり、運を良くすることにつながります。

◇(8)自分の居場所を複数作る

心のよりどころが複数あれば、自分を客観的に見つめることができます。

やりたい仕事をいくつか持ったり、仕事以外に趣味の時間を作ったりしてみましょう。いろいろな顔を持っている自分に気付くと、心に余裕ができて良い気を放てるようになり、運が良くなるはずです。

◇(9)寄り道できる余裕を持つ

時には、仕事帰りに喫茶店に立ち寄ったり、バーで飲んだり、知らない街を散歩してみましょう。心に新鮮な空気を吹き込むことで気が整い、良い運を呼び込むことができるでしょう。

◇(10)睡眠を十分に取る

寝ている間にも、良い気が蓄積されます。ですから、十分な睡眠を取ることはとても大切です。

週に何度かは適度な運動を心掛け、程よく疲れた状態で熟睡することで、運が良くなっていくでしょう。

「気」を整えれば、運が良くなり幸せになれる

私たちはみんな、幸せになりたいと思っています。たっぷりのお金、たっぷりの愛情、楽しい暮らしを求めてやまないのが人間です。

「気」の流れを良くする風水を実践すると、次々と幸運が訪れることでしょう。一人でも多くの人が、幸せに満ち溢れた人生を送れることを願っています。

(紅たき)

※画像はイメージです

5/20 11:10 マイナビウーマン

最新のお金コラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース