読んだ本がどのくらい面白かったか知りたい! 子どもが答えやすい感想の聞き方とは【おばバカ一代 第31話】

こんにちは!
甥&姪大好きおばバカ平八です。

今回は「子どもが答えやすい絵本の感想の聞き方」についてのお話です。


わが家の甥と姪は絵本が大好き!
子どもたちが退屈した時にはサッと絵本を出せば大体なんとかなるので、絵本はもう必須アイテム。
外出を控えるようになってからも、図書館はうちにとって救世主です。

そんなわが家では絵本の読み聞かせが日々の習慣となっているのですが、最近絵本を読んだ後の甥の“感想”に少し変化が現れました。

「興味のない本」についても話をするようになってきた甥

「面白かった本」だけでなく「興味のない本」についても話をするようになったのです。

それまで、「大好きな本」に関しては何度も読み聞かせのリクエストがあるのでわかりやすかったのですが、「それなりに面白かった本」と「興味のない本」については何もアクションがなかったため、傍から見ても区別がつきませんでした。

読んだ本がどのくらい面白かったのか聞いてみたい!

甥は冒険活劇が好きですが、日常を題材にしたお話も嫌いではないようです。

姪用に借りた低年齢向けの絵本にも興味のあるものとないものがあるようで、普通に読み聞かせた反応を見ただけでは甥の好みは把握できませんでした。

甥は答えるのが面倒なのか、質問とは関係のない謎の回答を返すことも多い

甥の場合は答えるのが面倒なのか、質問とは関係のない謎の回答を返すことも多く…。

読み聞かせ後に大人からあれこれと突っ込んで感想を聞くのも、子どもが絵本の余韻に浸れないためNGと聞いたことがあります。

それでも、なんとなくで良いから読んだ本がどのくらい面白かったのか聞いてみたい!

甥の負担にならない方法で感想を引き出せないものか。

そこで考えついた感想の聞き方は…。



本の感想を5段階評価で聞いてみることにしました!

甥にはこのやり方が合っていたらしく、質問にも答えやすいようです。

5段階評価で聞いてみることにしました!
甥にはこのやり方が合っていたらしく、質問に答えやすいようです。

回答は大体「1」「3」「5」のどれかですが、絵本を読んだ甥が「面白かった」のか「普通」だったのか「つまらない」と感じたのか、ある程度の好みを把握することができます。

何度か聞いてみると、意外な本を面白いと感じていたり、好きそうだと思っていた本が案外そうでもないということに気付けました。

絵本は不思議な内容やぶっ飛んだ内容のものも多く、それに対し「甥はどう感じたのか」気になった時に聞くのも面白いです。

甥の機嫌や状態によっては5段階評価すらうっとおしく感じるようなので、毎回は聞けませんが、甥の考えを知る手段として活用してみようと思います!

6/2 12:00 ウーマンエキサイト

最新のライフコラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース