「お友達に嫌なことを言われた…」 長女の身に起こったお友達トラブル【幼稚園編】【3姉妹DAYS Vol.17】

こんにちは! あん子です。
今回は、長女が幼稚園年長の時に体験したお友達トラブルについて、2回にわたってご紹介したいと思います。

■順調だと思っていた長女の幼稚園生活、しかし…
集団生活を送っていく上で、避けては通れないといってもいいお友達トラブル。大人になっても人付き合いに関して多かれ少なかれ、トラブル発生はつきものですよね。

長女の性格はおっとりしていて、言いたいことがあっても我慢してしまい、自分から発言することがどちらかと言えば苦手なタイプです。

そんな娘を幼稚園に行かせるまで少し心配でもありましたが、

「行きたくない」

なんて一言も言わなかったので、幼稚園生活はてっきり順調だと思っていました。

しかし、年長の秋ぐらいだったと思います。

幼稚園から帰ってきた娘が、

「今日、幼稚園でね、男の子に



って、いきなり言われた」と話してきました。

「ええっ? いきなり? それはいつ、言われたの?」と聞くと、

1人で階段を2段跳びで上っていたとき、



同じクラスの男の子2人組からその言葉を言われたようです。

「ええっ!? 全然、ダサいことじゃないとお母さんは思うな。気にしなくていいよ」



お母さん、大人になった今でもたまに階段、2段跳びで上り下りするよ…、と言うことは今は黙っておこう。

「その時、どう思った?」と、長女に聞いてみました。



「そっか。その男の子には、嫌な気持ちになったって話した?」

「うんうん、話してない」

「お友達は、悪気があって言った言葉ではないかもしれないよ。だからね、お母さんは、嫌な気持ちになったことをお友達に伝えていいと思うよ。自分の気持ちを話すことは大切なことだよ」

と言うと、

「次また言われたら言ってみる!」



と元気を取り戻したようでした。

この時点では長女だけの意見しか聞いてませんし、まだまだ未熟な子ども同士。お互い様は当たり前で、うちの子が誰かを傷つけてしまう可能性もあるわけだよな…と、いったん様子を見ることにしました。


■幼稚園では解決できていたけれど…
しかし、その後も工作の時間にハサミで紙を切っていた時、



とまた同じ男の子2人組が言ってきたそうです。長女は、左利きなのでそのお友達とハサミの持ち方が違ったのだと思います。

でもそのことを聞いたのは、長女が小学生になってからでした。

長女は、男の子たちに言われたらその都度、先生に

「先生!◯◯君からこう言われました!」

と話していたそうです。

先生は「また?!」と困惑しながらも、その男の子2人組に「そんなことは、言わないように」と注意してくれたそうです。

そのことについて幼稚園の先生から連絡はありませんでした。幼稚園側としてもさほど気にするようなことではないことだったのかもしれません。

長女からも聞いたことがなかったので、後から聞いて本当にびっくりしました。

そして、幼稚園では先生に話すことで解決できていたことが、

小学生の高学年となると、より巧妙に、そして事態は深刻になっていくのです。

次回に続きます。

6/3 13:00 ウーマンエキサイト

最新のライフコラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース