子どもの画力が突然UP! 転機となったのは…【こむぎときなこ Vol.34】

こんにちは、かたくりこです。

わが家の姉妹・長女こむぎ(5歳)と次女きなこ(2歳)の日常をお届けする「こむぎときなこ」の、第34回です。

今回は子どもの「お絵描き」の話です。

お絵かき大好きな長女
と一緒によくお絵かきをしている次女
ある日突然進化
お姉ちゃんは教える喜びを見出していた

今でこそお絵描きが大好きな長女ですが、以前はお絵描きにまったく興味がなく、保育園のクラスでダントツのへたっぴでした。

何度か教えようとしたものの、興味を示さず…。

そんな長女に転機が訪れたのは4歳を過ぎた頃。

とても絵がうまい友達と仲良しになり、その子の絵をマネし始めました。

それから園でお友達といっしょにお絵描きをして、家でも1日10枚ほど描く日々送っていたら、ある日突然、上手に絵が描けるようになりました。

そのとき「すごいなぁ、もしかして親が教えるより、子ども同士の方が、習得が早いのではなかろうか?」とわたしは思ったのですが―

今回次女の絵を見て、確信しました。

やっぱり年の近い子ども同士の方が、習得が早い!!

きっと「自分よりちょっと上」を目指すようにできているのでしょうね。

お絵描きであれ、勉強であれ、「親が子どもになにかを教える」というのは、案外難しいことなのかもしれません。

9/15 6:00 ウーマンエキサイト

最新のライフコラム

人気コラムランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

最新の注目ニュース